ペット企業などで売れずに成長したペットはどうしてなる

家屋でシーズー犬を飼い始めて年間なかばを過ぎました。あたいがペット職場で買った時はもはや生まれて6ヶ月になっていた子犬でした。今ではしつけも完了し、手法のかからない成犬になりました。昨今久しぶりに買ったペット職場に立ち寄ると生後2ヶ月くらいのシーズーの子犬が展示されていました。売値は248000円と私の買った2ダブルくらいで売られていました。
細かい方に聞いてみるとペット職場で売れるのは生後7ヶ月くらいまでで、若ければ若いほど額は高いそうです。そういうことで我が家の犬は安かったのです。
但しそこで一つのお尋ねが生まれました。売れ残った犬やネコはどうなるのです?と言うことです。
気になるのでネットで調べてみました。スタッフやコミュニティが引き取ったり、里親を探したりとあるものの最後はあたいがもしかしてと想像した通りでした。詰まり始末されているらしいについてでした。
通りにおける野良犬や野良猫を勝手に処分したら罰せられるはずです。但し販売する為の犬猫を処分するは利用がないみたいです。
ペット職場が仕入れて販売しているのか、お願い販売しているのか詳細は知りませんが鳥獣をただの雑貨として賞味期限が切れた雑貨のごとく廃棄処分するというのかは考えさせられます。
加熱するペット事業の裏であんな実体があることを知りました。債権者からの催促を止めることができます